電話代行に必要な事は?

会社に入社すると新入社員の多くはまず電話対応を習います。社員教育で電話対応の仕方をしっかり習い、しばらくは「まず受話器をとって最初に電話にでること」で、他の先輩方は電話が鳴ってもでないという企業が多いです。まず、お客様との会話を聞いて誰に何を伝えればいいのか、基本的な会話をここで学びます。

電話代行はこうした仕事のプロ、だから特別な電話のスキルが必要と思っている方もいますが、一般的な会話が出来ればいいとされています。例えば、電話を利用して仕事を行うというとテクニカルサポートセンターとか、コールセンターなどがあります。こうしたところにお勤めの方々は確かに電話応対のプロ、言葉遣いも徹底して指導されますし、マニュアルに沿った対応を求められます。研修などもかなり厳しく受けるところが多いです。

最近特に多くなってきている電話代行という仕事はどのようなことが求められるのか、これから電話代行の仕事に就きたいという方に少しでもお役にたてるサイトになれば幸いです。