業者のイメージになる電話代行

電話代行というのは全く別の業務の中で、一人の事務員という立場で仕事をこなします。一般的に企業の事務をしている方は、よく、電話は顧客が企業に電話をかけてきて最初に聞く声、最初の印象になるため、元気よくはきはきと気持ちいい対応をしてほしいといわれます。

企業に電話をかけた時、あまりいい反応ではなく声のトーンも低く、話しにくいな、何か依頼したくてもしにくいなと考えさせてしまうようでは困ります。その業者に電話をかけた時、「ああ、あのすごくさわやかな声を持っているあの業者の事務員さん」と思い出してくれるようでなくてはならないのです。電話代行のスタッフがこんな風に思ってもらえたら仕事がうまくいっているといっていいでしょう。

声だけで対応するから、あって対応するよりも難しいという面もあります。事務員さんを雇用する余裕がない、という業者さんや、自分の会社で電話対応の指導を行うよりも、電話代行で指導を受けたスタッフの方が安心できるとも聞きます。

電話代行は信頼が何よりです。一度利用された業者さんがまた電話代行を利用したいと思ってくれる事が大切です。信頼ある対応のできる電話代行のスタッフになる事を目的に、しっかり電話を学び、いつでも明るく対応できるようにしておきましょう。