依頼主との契約によっては、商品の受注代行などを行うのも電話代行の仕事です。またコールセンター的な役割もすることがあります。こうした電話代行の仕事は依頼された内容によって、求められるスキルに違いがありますので、どのような業務を依頼されているのかをよく把握し、依頼主の期待に添う対応をしなければなりません。

受注、という事であれば、その業者が扱っている商品をある程度知っていないと、そこ業者の事務員という立場で電話に出ているので、受け答えも曖昧になって今います。深い商品知識を持つことはありませんが、どのような商品でどのくらいの年代の方が欲しい商品なのかなどを理解しておくことが必要なのです。

電話代行として長く勤務されている方は、どういった受け答えをすればいいのかを瞬時に判断し、長年勤めている事務員さんといったイメージを抱かせています。一つの会社の対応をずっと行うという事ではなく、色々な業者について電話対応していると、次第に色々な知識が目についていくでしょう。

電話代行はただ電話に出ればいいという事ではなく、業者の事務員として顧客への丁寧な対応を行う電話事務のプロと考えておけばいいでしょう。慣れてしまい緊張感がなくなると失敗する事もありますので、気を抜かないようにしっかり対応しましょう。